2005年01月28日

今週の反省

いま投資において
自分の心の壁を取り払っているところだ。
なぜかサクサクと売買ができてない自分がいる。
当てのない未来よりも
今、目の前の現実の数字を判断し確定するということなんだ。
何かあるんじゃないかという願望ではなく
何もないという最悪のシナリオを想定し
情報判断による直感本能の心の声を聞き
目の前の現実の数字を一旦確定させること。
最大限に素早く儲けることに集中するということ。
まずは一旦素早く区切ることなんだ。
波の上下に神経をすり減らしたり
過ぎ去った含み益に後悔を抱いたりしないために
一旦波の上下を捉えたら短期間で利確する。
幻想や期待などしないこと。
直感と現実に身を委ねること。
株価というものに理屈などない場合が多いこと。
自分の現在の含みを見て
最小限の効率で
最大限の利益を確定することに集中するということなんだ。

新聞やテレビを使ってまで揺さぶりをかける現実。
株価を上下に揺さぶり
つられる個人から金が消えていくという現実。
現実から目を背けては勝てない。
己の判断を信じ
結果にたいしての責任を持つ。
甘えなき態度で望む。
判断ミスや効率性について評価・反省をし
同じ過ちを繰り返さず、投資技術と投資効率の向上に努める。

なぜ欲をかくのか?
それは他人の儲けた額に惑わされているからだ。
ネットや本でよく目にする儲け額に目を奪われ
自分の投資ペースを崩してはならない。
1日で、数ティック抜きで数十万円儲かったとか
数日の急激な上げ下げで数百万円儲かったとか
こういったものに無駄に刺激されないことだ。
種銭の量が違う。
投資スタンスも千差万別。
無駄に欲をかき、自己資金、自分レベルや自分スタイルにベストな
最短・最大利益効率を逃してはならない。
自分の定めた期間
自分の目標とする利益率
自分の費やした時間や労力にたいしてのリターン率
これら自分との闘いであることを忘れてはならない。

まとめ格言

波を区切れ
数字を区切れ
心を区切れ
素早く区切れ


他人の欲に飲まれず
株価の波に飲まれず
自分と闘え
利益効率と闘え

posted by Teo at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2005年01月22日

今週の反省

過熱に動揺なく
己に疑問なく
売り抜けに未練なく


178で売り指し値を入力しようとしてました。
株価は179になってました。
たかがと思われるでしょう。
この1円を。
しかし、この1円が180というきりのよさをもとめ
そしていいしれぬ欲による決断をにぶらせてしまったのです。
そうです。お気付きの方もいるでしょう。
今週の(7211)三菱自の株価のことです。

私の平均取得単価は110ジャスト。保有数3000株。
ではなぜ178ではちゃんと売ろうとしたか。

(3326)ランシステムでは
1株ですが一時瞬間20万以上の含み益が出てました。
ザラ場もしっかり見てました。
その後買い増しが失敗したのは以前書いた通りです。
それ以来、私の現在の資金量や投資技術においては
20万の含み益は最高の確定すべき瞬間チャンスなのだと
私は学び成長しているつもりでした。

確かに3000株は少ないです。(7211)三菱自の私の保有数は。
ですがチャンスはまたやってきたのです。含み益20万の。
だが、また確定できなかった。。。
インサイダーによる株価上昇なのか
それにつられた思惑やチョウチン買いなのか
機関による釣り上げなのか
とにかく急上昇の理由が自分によくわからなかったのも
売り抜けを躊躇させたのも事実なんです。

投資は自己責任です。
最終的に取引の指示を出すのも
最後の注文クリックを押すのも
最後の判断はちゃんと自分に委ねられているはずです。
だから理由が一々わからなくても
チャンスと思ったら
ブログで何を書いてようが
周りになんと言ってようが
周りから何を言われようが
その日、その場で臨機応変な自分に疑問を持ったら駄目なんです。
理由などなくても売買したいときはすればいいと思います。
そして私はこれからそうします。
理由がわかって儲けられるなら
それは投資でなく目に見える現物商売でしょう。

(7211)三菱自は一旦売り抜け
が私の本来書きたかったブログの内容でした。
その一旦の仕切り直しができる投資家に成長するためにも
どうするべきか、ずっと考えていました。
そして生み出したのが冒頭の格言です。
来週の(7211)三菱自はどうなるか。私は注目しています。

過熱に動揺なく
己に疑問なく
売り抜けに未練なく


posted by Teo at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2005年01月16日

生活リズム

ここ一週間 生活リズムが崩れている。
昼夜逆転気味だ。
色々な不安から逃れようとして
何らかのバランスを失った行動をしているのかもしれない。

携帯のパケット定額制が便利で
無駄にはまっている可能性が高いかもしれない。
そういえばプリペイド携帯のときは
外出中の電車や喫茶店で携帯なんて見なかった。
よく携帯ばっかいじっている人をどこでも見かけたが
まさに今、自分がそういう人になってしまっている。
さらに良いか悪いか、パソコンみたいに立ち上げの不便さもないため
片手で布団でもトイレでも自宅内で手軽に利用できてしまう。
売買機会逸失のリスクヘッジがメインだったのが
それ以上の中毒性ある活用を見いだしてしまった感じだ。

今一度、日々積み重ねるべく眼前の作業を
モチベーションが維持できる形に工夫し
毎日を過ごしていくこととする。
なお、こういうときは旅行とかして
気分をリフレッシュしたいもので
そういった情報に楽しく触れてみたい。
posted by Teo at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2005年01月10日

携帯から初投稿

外出中にも株売買もできるように携帯を購入しました。
新規1円の型落ち、パケット定額制ができる機種を購入。
初年度年間予定投資総額は
1(本体)+2835(事務手料)+{3480+4725}(年割・最安基料+W定額)×12=101296円
通話料などで超過を発生させない利用法で
1ヶ月当たり8441.33円の追加費用が発生する予定。
この月間投入経費を明確に意識した上で
得られるリスクヘッジや対価は以下の通りとする。

購入判断ミスした場合、トントンヤレヤレ売りの
わずか数回のチャンスを逃さない。

仕手株系や過熱気味の株価の
天井一瞬の年度来高値更新等を逃さない。

ブログの更新を
わざわざパソコン立ち上げることなく
フットワークよく書ける便利ツールとして活用。
投資技術の向上に役立てる。


posted by Teo at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | モバイル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。