2004年10月02日

橋の上の娘 (1999)

監督 パトリス・ルコント
脚本 セルジュ・フリードマン

評価 ★★★ 3点

コメント
現実では新しい出会いのエンディングを探して前向きに生きるのだ。

オススメ



posted by Teo at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「橋の上の娘」〜ツキを呼ぶ出会い
Excerpt: 1998年フランス監督/パトリス・ルコント出演/ヴァネッサ・パラディ ダニエル・オートゥイユ人生に絶望し橋の上から今まさに身を投げようとしている娘アデルに声をかけたのは、ナイフ投げの芸人ガボールだった..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2005-09-10 14:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。