2004年09月17日

初めての買付

7211(三菱自動車) 買い 114円 1,000株



・注意した点
損切りラインを決めてから
指値で発注した。
決めた損切りラインに到達したら
成行きでいったん売ることにする。

・なぜ買ったか
結局、投資判断は「待て」だったのだが
1000株買うことにした。
色々な事を予想したり、分析してみようにも
結局どうなるかは完全に分かる訳じゃないので。
自己資金の全力買いでもないし
やはり、最初に本格的に興味を持ったということで。

・考察
何らかの仕掛けはあるにしろ
7211(三菱自動車)の株価は上げてくると予想。
そもそも、機関投資家は貸し株で
既存一般個人投資家の犠牲の元、
莫大な利益を得たと思われる。
つまり片道ビンタを喰らわした訳だ。
そこで、まっとうな再建をせずに
株価を上げないことをするだろうか?
往復ビンタを喰らわせて
三菱グループとモルガンは個人投資家を
完全に敵にするのか?
一般国内個人投資家が再建を期待して
一種の怒濤の愛国買いをしているようにも思えるのだ。
はたして
日本人の物作りの牙城の一つを崩壊させるだろうか?
ましてや、金融や流通でない、
自動車という製造業の重鎮を
トップのすげ替えにしろ、根本的なリメークにしろ
日産のようにでも再建させないとすれば
事は一大事だ。
三菱グループすべての系列会社の関連株式は
一般個人投資家が手放すことになりかねない。
さらには、JPモルガンがかかわるというだけで
株だけでないあらゆる商取引を敬遠される
ネガティブイメージの
ノトーリアストップブランドの刻印を
市場において押される可能性がある。
そこまでアホなことはしないと予想してみた。

体は売っても心は売らない。

たとえ株式や会社が外資に売り飛ばされようとも
物作りの心までは奪えないという思いがある。
たとえトップが腐敗し、体質が最悪でも
働いている個人個人の資質が悪いとは思えない。
組織のルール変更とトップの変革により再建はありえる。
それを信じた者が、現時点から買っている。
私も、その数少ない一員になったまでだ。

たった1000株の買いでここまで語るアホも
俺だけだろうな(爆


posted by Teo at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/618349
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。