2004年09月04日

シティ・オブ・ゴッド (2002/ブラジル)

監督 フェルナンド・メイレレス
脚本 ブラウリオ・マントヴァーニ
原作 パウロ・リンス

点数 ★★★★★ 5点

コメント
映画館の中が、まるで、その時のブラジルに居るトリップ感を味あわせる。

レビュー
ここ最近みた映画の中で
最高点である5点を付けられる映画は
何だろうと思い起こしてみた。
これぞ満点の5点を付けることを迷わない映画だった。
なかなか5点を付けられる映画には出会わない。
好みとかの問題じゃなく、
映画という表現芸術を
惜しみなく見る者に満喫させる。
なんと迫力がある映画なんだろうか。
できれば、映画館の大スクリーンで
しっかりとタイム&プレーストリップして見るのがお勧めだ。

オススメ




posted by Teo at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/538242

イパネマの「麻薬売人」との戦争
Excerpt: 何度も言うが、サンパウロよりリオ・デ・ジャネイロの方が遙かに危険なようだ。 毎日
Weblog: ブラジル・サンパウロから世界へ、そして渋谷
Tracked: 2004-09-04 13:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。