2005年01月22日

今週の反省

過熱に動揺なく
己に疑問なく
売り抜けに未練なく


178で売り指し値を入力しようとしてました。
株価は179になってました。
たかがと思われるでしょう。
この1円を。
しかし、この1円が180というきりのよさをもとめ
そしていいしれぬ欲による決断をにぶらせてしまったのです。
そうです。お気付きの方もいるでしょう。
今週の(7211)三菱自の株価のことです。

私の平均取得単価は110ジャスト。保有数3000株。
ではなぜ178ではちゃんと売ろうとしたか。

(3326)ランシステムでは
1株ですが一時瞬間20万以上の含み益が出てました。
ザラ場もしっかり見てました。
その後買い増しが失敗したのは以前書いた通りです。
それ以来、私の現在の資金量や投資技術においては
20万の含み益は最高の確定すべき瞬間チャンスなのだと
私は学び成長しているつもりでした。

確かに3000株は少ないです。(7211)三菱自の私の保有数は。
ですがチャンスはまたやってきたのです。含み益20万の。
だが、また確定できなかった。。。
インサイダーによる株価上昇なのか
それにつられた思惑やチョウチン買いなのか
機関による釣り上げなのか
とにかく急上昇の理由が自分によくわからなかったのも
売り抜けを躊躇させたのも事実なんです。

投資は自己責任です。
最終的に取引の指示を出すのも
最後の注文クリックを押すのも
最後の判断はちゃんと自分に委ねられているはずです。
だから理由が一々わからなくても
チャンスと思ったら
ブログで何を書いてようが
周りになんと言ってようが
周りから何を言われようが
その日、その場で臨機応変な自分に疑問を持ったら駄目なんです。
理由などなくても売買したいときはすればいいと思います。
そして私はこれからそうします。
理由がわかって儲けられるなら
それは投資でなく目に見える現物商売でしょう。

(7211)三菱自は一旦売り抜け
が私の本来書きたかったブログの内容でした。
その一旦の仕切り直しができる投資家に成長するためにも
どうするべきか、ずっと考えていました。
そして生み出したのが冒頭の格言です。
来週の(7211)三菱自はどうなるか。私は注目しています。

過熱に動揺なく
己に疑問なく
売り抜けに未練なく




posted by Teo at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1668557
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。